馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛馬のレース結果

1月10日 1回中山3日10R 晴・良
成田特別
サラ4歳以上1,000万下[混]ハンデ (ダ)右2,400m 16頭 4番人気 2着

2.37.6 前3F 38.6 後3F 38.6 474kg(+8)

2 角 10(2.16)(11.13)(3.5)14.4(9.15)7.6.12.1.8
向正面 10.16(2.13)11(3.14)(4.5)(6.15)(7.9)12-1=8
3 角 10(16.14)15(11.12)(2.13)(4.1)5(3.6.9)7=8
4 角 10.16(11.14)4(13.15.1)12-(3.6.9)5(2.7)=8

10日の中山競馬ではスタート後スッと前の位置を取りに行き先団の馬群の中でジッと待機して流れに乗る。レースが動いたときも我慢してから直線で内に潜り込んで最内から伸びてくるが勝ち馬の勢いには及ばず2着。
お休みを挟んだことと時期もあってかやや立派な体つきではありましたが、入念に乗り込み今回のレースへ臨みました。鞍上が言うように力をつけてきているのでしょう。端から見ていても返し馬からいい走りができているように感じられましたし、この血統らしく徐々に力をつけ充実してきているのかもしれません。結果は残念でしたが内容はいいものでしたし、今後も楽しみです。このあとについては続戦の考えを持ちつつも、レース後の状態をよく見てから判断していきます。

◎横山典弘騎手のコメント
「いや~、良くなってましたね。返し馬のときから走りも気持ちも良く、オッと思わせてくれました。この走りと具合の良さならば芝も走らせたいなと思ってしまうくらいでしたね。道中はゆったりしすぎるくらいのペースでずっと引っ張らなければいけなかったし、途中からは動かさないといけなかったから大変だったけど、いい競馬をしてくれました。もう少し流れてくれたらレースもしやすかったけれど、前回より、もちろん若い頃よりも良くなっているからこのまま行ってほしいですね」

◎久保田調教師のコメント
「プラス体重をやや立派と捉えるべきかパワーアップしたと捉えるべきか難しいところではありますが、太いと息がコロコロいいやすい馬が当該週追いでは聞こえなかったので態勢は整っているはずと思いながら送り出しました。返し馬から気持ちもあっていいなと見ていましたが、ノリちゃんも思ったみたいですね。芝というフレーズは抜きにしても、体調の良さと以前からの成長を感じてレースへ臨んでくれたのは良かった。我慢に我慢を重ねて大事なところでもジッとして勝負に行く。乗った本人は“引っ張って動かして大変だった”なんて言ってましたが、さすがですね。一瞬勝つかと思わせただけに悔しいですが、相手は強かったですし、仕方ありません。ノリちゃんからも“このままの歩様で”とリクエストされたから(苦笑)、疲れから硬さがキツく出ないか、体調が大丈夫かなど、レース後の状態をしっかり見極めてから今後のことを考えていきます」

最終的な単勝オッズは10.9倍の4番人気でレースを迎えました。
パドックではやや余裕のある馬体ながら、仕上がり、気配ともにまずまずの状態。
中山では過去2勝と得意としている舞台でもあり、スタートが楽しみな一戦でした。

結果は優勝したコスモナイスガイから1馬身離れた2着に終わりました。
着差が着差だけに残念な結果ですが、特別戦の2着は立派な成績だと思います。

14秒半ばが2度も計測されるペースを先行し、終いもインをピッタリ突いたレース。
横山騎手の騎乗は完璧な内容でしたが、今日は勝ち馬の力が一枚上でしたね。
後方から外を回り、ホワイトフリートより斤量が重いのに素晴らしい末脚でした。

それにしても昨年以降から成績も安定してきましたし、まさに充実の一途です。
今から次走が楽しみでなりません。

| ホワイトフリート | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pretender05.blog111.fc2.com/tb.php/2243-ffe5d3dc

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。