馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ダートの短距離に活路を…

◇マイネルテュール

9月29日(日)中山7R・3歳以上500万下・ダート1,200mに丹内祐次騎手で出走します。25日(水)にはウッドで追い切られ、「つまずきそうになることは確かにありますが、速いところへ行ってしまえば問題ありません」と跨がった丹内騎手。7月の新潟で出走後、筋肉痛の症状が見られたので、鉾田で立て直されて2ヶ月ぶりのレースを迎えます。ダートの短距離で、どのように変わってくれるのか楽しみです。
●美浦TC
(9/27ラフィアンターフマンクラブHPより転載)

調教
09/25 丹内 美南 W 稍 53.9 40.5 13.1 7 G前仕掛け
◎レッドヴィーヴォ(古500万)馬ナリの内を0.8秒追走同入

近況ではダートの短距離での変わり身が楽しみと書かれています。
でも、躓きそうになる程の歩様で出走して大丈夫なのでしょうか?

愛馬が出走することはとても楽しみなことではあります。
なのにテュールが出走する時はいつも複雑な気分です。

| マイネルテュール | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pretender05.blog111.fc2.com/tb.php/1960-812fb133

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。