馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

久々とすれば及第点の動き

◇マイネソルシエール

8月10日(土)新潟10R・三面川特別・芝1,800mに柴田大知騎手で出走します。屈腱部の状態が安定していることを受けて、7日(水)の追い切りはウッドで行われタイムは5ハロン68.2秒でした。「息をつくるために今週はウッドでやりました。もう少し絞れそうですが、久々とすれば及第点の動きを見せています」と手塚調教師。4ヵ月ぶりの実戦でレースぶりに注目しています。
●美浦TC
(8/9ラフィアンターフマンクラブHPより転載)

調教
08/04 助手 美南坂 良 56.5 41.7 27.9 14.0 馬ナリ余力
08/07 助手 美南W 稍 68.2 53.3 39.5 14.1 7 一杯に追う
◎シベリアンスパーブ(古1,000万)直一杯の内を0.4秒追走0.8秒遅れ

調教の動きはまずまずで、復帰初戦からまずまずの競馬ができそうです。
今回はオークス出走コンビの柴田大知騎手を鞍上に迎えての一戦です。

脚元と相談しながらの調整なので、以前の力を取り戻すことは難しいと思います。
それでも重賞で好走した馬ですから、このクラスでは恰好をつけてほしいところ。

今回が19戦目になりますが、一戦一戦を大事に臨んでほしいと思います。

| マイネソルシエール | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pretender05.blog111.fc2.com/tb.php/1909-af0b0f1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。