馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

フジキセキがJRA勝利数、内国産種牡馬トップに

5月7日の新潟12Rで、フジキセキ産駒のチャームポット(牝5歳、栗東・南井克巳厩舎)が勝ち、フジキセキ(牡19歳、父サンデーサイレンス)はJRA通算勝利数で内国産種牡馬トップ、歴代では単独7位となる1136勝目を挙げた。
(競馬ブック「日高通信」より転載)

内国産種牡馬として活躍したサクラバクシンオーは4月30日に心不全のため死亡しましたが、
ライバルだったフジキセキが偉大なる記録を更新しました。

フジキセキはサクラバクシンオーと同じ1995年に社台スタリオンステーションで種牡馬入り。
サクラバクシンオーが急死した後だけに、関係者の方の喜びもひとしおだと思います。

さてフジキセキの種牡馬入り後の活躍は以下のとおりです。

・初年度産駒から13世代連続で重賞勝ち馬を輩出
・種牡馬総合ランキング11年連続トップ10入り
・4度のJRA年間100勝
・昨年までの国内での総種付頭数2,889頭(サラブレッドでは国内歴代トップ)

改めて見ると素晴らしい成績ですね。
南半球を含めた産駒数では、偉大な父サンデーサイレンスをも超えたとのことです。
それだけに未だリーディングサイヤーを獲ったことがない事実が不思議でなりません。

しかしそのフジキセキが体調不良のため、今シーズンは種付業務を休止しているとのこと。
早ければシーズン後半、もしくは来シーズンに再開のする見通しとのことですが心配です。
キンサシャノキセキが急遽引退した理由も父の“ピンチヒッター”のためだったようです。

来年のクラブの募集に影響はなさそうですが、2012年産以降は募集が極端に減りそうです。
今年のうちに出資しておいた方がいいかも(汗)

そんな訳で今年の社台・サンデー募集馬の募集馬リストを改めて見てみます。

<社台サラブレッドクラブ>
●関東入厩馬
12スクリーマーの10  母父:エンドスウィープ 1,400万円
13レディータイクーンの10  母父:クリミナルタイプ 2,000万円
●関西入厩馬
56アイリッシュカーリの10  母父:Caerleon 2,400万円

<サンデーサラブレッドクラブ>
●関東入厩馬
114イルネージュの10  母父:トニービン 1,400万円
115ソーアラートの10  母父:エリシオ 1,600万円
●関西入厩馬
159シンプリーラヴリーの10  母父:Bold Executive 2,600万円
160スタンドオンエンドの10  母父:エンドスウィープ 1,800万円
161リッチアフェアーの10  母父:Machiavelian 3,000万円

フジキセキ産駒の成功例として、以下の組み合わせが挙げられます。
①ノーザンダンサー系の繁殖牝馬の組み合わせ
②アウトブリード配合

そして今年の募集馬でその対象となるのは以下の馬たちです。
13レディータイクーンの10(アウトブリード配合)
56アイリッシュカーリの10(ノーザンダンサー系)
115ソーアラートの10(ノーザンダンサー系)
159シンプリーラヴリーの10(アウトブリード配合)
160スタンドオンエンドの10(アウトブリード配合)

この中に孝行馬がいると思うのは私だけでしょうか(笑)

| 競馬 | 20:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは。

フジキセキ評論家の左一白ですw


フジキセキ産駒って、当歳のころは評価が低くても本格的に調教を開始するとガラッと変わるお馬さんが多いですから、パンフレットの段階で判断するのはとっても難しいですね。それゆえに、価格が安いお馬さんでも十分狙う価値はあるとは思います。


個人的には、159番のお馬さんと母父フジキセキのお馬さんたちがどんな感じになっているのかな~って興味津々です(^^)

| 左一白 | 2011/05/29 22:48 | URL |

左一白先生、こんにちは。

“フジキセキ”と言えば、左一白先生!
コメントをお待ちしていた次第です(笑)

以前読んだ東邦出版が発行した「POGの極」という本の中でも、
走るフジキセキ産駒の見極めはすごく難しいと書いてあります。
やはりカタログやPOG本で判断するのはプロでも難しいようです。

>価格が安いお馬さんでも十分狙う価値はあるとは思います。

社台で募集される産駒は、血統の割に安価な価格設定ですよね。
例年出資候補には入れているものの、なぜか縁がありません。
意外に社台の活躍馬が少ない、と感じてしまうからでしょうか。

「困ったときのフジキセキ」

今年はこのフレーズどおりになりそうな予感がします。

| Charo | 2011/05/30 17:28 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://pretender05.blog111.fc2.com/tb.php/1205-ced9c209

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。