馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

2016年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年10月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

さくらの花の咲くころに

リラヴァティの引退が報告されてから2日後の9月16日(金)
キャロットクラブの第1次募集における出資申込結果が報告されました。

15.ヴィートマルシェの15 2口 一括 ×    
17.ペルレンケッテの15 2口 一括 ×    
47.ブルーメンブラットの15 2口 一括 ○

前年最優先落選(×1)で臨んだドラフトでしたが、またもや落選の憂き目に。
本当にここ数年のキャロットクラブの出資申込数は“すごい!”の一言です。

ただ、「申し込んだ3頭のうち、1頭に出資できれば」と思っていましたので、
ブルーメンブラッドの15と縁があったことを本当にうれしく思います。

そんな訳で2016年度の出資馬は“No.47ブルーメンブラットの15”に決定!

◎47.ブルーメンブラットの15  鹿毛 2015年3月26日生
ブルーメンブラットの15(募集時)
◇体高:152.0㎝ ◇胸囲:175.5㎝ ◇管囲:19.5㎝ ◇体重:444㎏

母はマイルCSの他、府中牝馬Sの優勝を含む8勝を挙げた制した名牝です。
その輝かしい競走成績と比べて、産駒成績が著しく期待に反するとの声も。
しかし、デビューした4頭中3頭が勝ち上がっているのは立派だと思います。

15年産はキングカメハメハが父で、父に似て大きなトモをしています。
(ちなみにキングカメハメハ産駒への出資は、この馬がはじめてです)
気性にやや難しさのあるようですが、これからの成長に期待しています。

母譲りの鋭い末脚を武器に、桜の舞台に駒を進めてほしいと願っています!
スポンサーサイト

| 愛馬 | 11:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。