馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

2014年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛馬のレース結果

◇リラヴァティ

8月30日 2回小倉9日10R 晴・良
西海賞
サラ3歳以上1,000万下[混][牝](芝)右内1,800mBコース 11頭 1番人気 4着

1.46.3 前3F 36.4 後3F 34.2 450㎏(+2)

2 角 1.8(5.9)(6.10.11)(2.7)(4.3)
向正面 1.8.9(5.11)(6.10)3(2.7)4
3 角 1.8(5.9.11)(6.10.3)(2.7)4
4 角 1.8(5.9)(10.11)(6.3)(2.7.4)

30日の小倉競馬では五分のスタートから好位の内で折り合いに専念。直線は前が開くのを待って追い出したが、スピードに乗った時には前が壁になり4着。前走内容から1番人気に推された一戦でしたが、今日は最後スムーズさを欠いた場面もあり残念な結果になってしまいました。昇級初戦でもありますし、敗因も見えていますから、悲観する内容ではありません。次走の巻き返しに期待したいと思います。このあとはトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。

◎浜中騎手のコメント
「返し馬でちょっとチャカチャカしていて、ゲートを出てからハミを噛みそうな感じがあったので、馬の後ろにつけて行きました。結果的には、ここで2番手を主張すれば良かったように思います。ジリジリ伸びるタイプで、直線勢いに乗った時には前がふさがってしまい、もったいない競馬になってしまいました。以前乗せていただいていた頃に比べると馬がゴツくなっていて、とても成長を感じました。うまく乗れず申し訳ありません」

◎石坂調教師のコメント
「輸送で体も減らなかったし、競馬場の厩舎ではおとなしくしていて、状態はとても良く見えました。返し馬ではややチャカついていましたが、これはいつものこと。パトロールビデオを見ると、ちょうどここからというところで前がふさがってしまっているし、もったいない競馬でした。輸送をした後ですし、まずはトレセンでの状態をよくチェックして今後どうするか考えていきます」
(8/30キャロットクラブHPより転載)

最終的な単勝オッズは1.8倍。堂々の1番人気に支持されての一戦でした。
パドックと返し馬ではチャカつきましたが、逆にいつもの彼女で愛らしい程。
輸送を感じさせない仕上がりで、スタッフのみなさんには感謝しています。

結果は4着と昇級初戦としては十分な成績ですが、“もったいない”の一言。

「スムーズな競馬さえできていれば」

優勝したノボリディアーナとの差が僅か(0.2秒差)なだけに悔やまれます。
ただ、重賞で勝ち負けする馬のレース振りではなかったことも事実です。
馬体は一戦ごとに逞しくなっていますが、まだ力不足の現状と言えます。

今後は秋華賞に拘らず、身の丈に合ったレースに出走してほしいですね。
今回は勝利の女神がそっぽを向きましたが、次走は微笑んでほしいです。
スポンサーサイト

| リラヴァティ | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。