馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

2010年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年11月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛馬のレース結果

ヴィヴルヴォン



10月30日 3回福島3日8R 雨・稍

サラ3歳以上500万下(芝)右内1,800mAコース 16頭 10人気 9着 



1.48.9 前3F 36.3 後3F 36.5 470kg(+8)



30日の福島競馬ではまずまずのスタートから中団を追走。3角で手ごたえが鈍ってしまい、直線は外に出されるもじりじりとした伸びで9着。十分な間隔を取って、なかなかの状態でレースに臨むことができましたが、3コーナーでのペースアップに対応できず結果を残すことができませんでした。今回の結果やこれまでの経緯を踏まえた上で本馬の今後について協議を行っていきます。

(10/30キャロットクラブHPより転載)



◎古川騎手のコメント



「雨でかなり渋った馬場になりましたが、走りっぷりは悪くなく、ノメることもありませんでした。スタートはまずまずで追走に手間取ることはありませんでしたが、欲を言えばもう少々前に取りついていくのが理想でしたね。しかし、ペースの上がった3コーナーでついていけなくなってしまい、結果的にここでつけられた差が大きかったですね。直線で外に出してからはある程度脚を使っていましたが、置かれてしまった分を埋め合わせるにはいたりませんでした。未勝利馬だけになんとか勝ち星をプレゼントしたかったのですが、結果に結び付けられず残念です」



◎古賀慎明調教師のコメント



「ポンとスタートを切れていたのである程度いい位置につけることができそうだなと思って見ていたのですが、思ったほど進んでいかなかったですね。乗り役も同様のことを考えていたようなのですが、枠とスタートから考えると思っていたより後ろの位置取りになってしまいました。勝負どころの反応ももうひとつで、小回りの分、少し緩い馬場の分の影響もあるのでしょうが、もしかすると500万下クラスの壁なのかもしれません。時間をかけた分だけ気配が上向き、トモを含めていい状態で送り出せました。これまでの競馬を見ていても上手くいけばここでもと思っていただけに残念でなりません。会員の皆様にもご理解いただきここまで待っていただいたのに、いい結果を出すことができなくて大変申し訳ございません」



残念ながら今後に繋がる好レースをすることができませんでした。



古賀先生の「もしかすると500万下クラスの壁なのかもしれません」というコメントから引退が濃厚だと思います。



内田騎手が進言したダートでの走りを一度見てみたかったけど、未勝利馬なのでレース選択すらままならない状況では何を言っても仕方がありません。



週明け以降の公式の発表を待ちたいと思います。
スポンサーサイト

| 未分類 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。