馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

中2週でも大丈夫!

ヴィヴルヴォン



28日は軽めの調整を行いました。「あと少しというところだっただけに今でも悔しいですが、あれだけ返し馬からガツンとハミを取って走っていましたからね。うまくなだめながら競馬をしてくれたと思いますし、改めて力を感じました。やはり実戦でより良いところを見せるタイプのようです。力が上なのは間違いありませんから何とか次で決めてあげたいですね。レースを終えてまだ数日しか経っていない状況ですが、今のところ歩様などに問題はなさそうです。しかし、気持ちの高ぶりが落ち着いてきたときにどうなるかをよく見てあげる必要はあるので、もうしばらく様子を見なければいけません。このまま問題ないようならば次開催の開幕週を考えてます。もちろんもう少し時間を置いてあげたほうがいいとなればスライドしますし、コンディションをしっかり見極めてから判断します」(古賀慎師)今のところ8月15日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1,800m)に北村宏騎手で出走を予定しています。

美浦TC

(7/28キャロットクラブHPより転載)



レース後も問題なく過ごせているようです。



そしてこのまま問題なければ、中2週でレースに臨むことができそうです。中2週なら新潟・芝2,200m戦も組まれていますが、先生は1,800mを選択してきました。1,800mが適距離、という判断なのでしょう。



それにしても中2週で競馬に臨めるとは、これまでの過程を考えれば本当に体質的に強くなったと思います。



まだまだ楽しみのある馬だと思うので、次でしっかり勝ち上がってほしいと思います。
スポンサーサイト

| 未分類 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。