馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

母名はどういう意味なのだろう?

9月26日を以てキャロットクラブの2008年度1歳第1次募集の申込募集が終了しました。今年も多くの応募を集めたようで、必然的に抽選となる馬も多くなりそうです。



僕は15日に申込書を投函していましたので、どの位の申込みが集まるのか楽しみに見ていました。ちなみに22日の段階で100口以上の申込みを集めた馬は30頭!



当然その中に僕の申し込んだ馬の名前はありません

相変わらず人と同じ感覚を持ち合わせていないようです



ひねくれ者が選んだ今年の出資馬は、



セメイユドゥヴォンの07(募集時)













セメイユドゥヴォンの07です(2口出資)



ロブロイの仔なので申込当初から人気にならないと予想していましたが、本当に予想通りでした



でも写真とDVDを見たところ、馬体のバランスもよく、なかなか雰囲気のある馬だと思いました。母の繁殖能力が未知数ではありますが、本馬は第2仔なのでキャロットにありがりな“アウトレット”の可能性は少ないもの思われます。馬体の造りに大きな欠点は見当たらず丈夫で長持ちしてくれそうです。血統面から長距離戦に対応できそうな点も魅力の一つですね。出走除外の憂き目にも合わずに済みますし、なにしろ距離別出走奨励賞は一口馬主にとって貴重なタンパク源ですから



それに半兄のワールドロレックス(父ロックオブジブラルタル)は昨年のセレクトセールで7,000万円で取引され、新馬戦でも2着と結果を残しています。母の繁殖能力を簡単ながら推し量ることができましたし、翌年にアグネスタキオンを付けている点からも期待されていることが想像できます。



体格こそコロンとしていますが、今後成長して胴に伸びが出れば理想的な馬体になると思います。厩舎も安心してお任せできますし、とにかく1勝を目指して頑張ってほしいと思います!
スポンサーサイト

| 未分類 | 18:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。