馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

落ち着きのない子

◇ピノブランの14

真歌トレーニングパークに滞在中。昼夜放牧しています。今後の馴致に向けて、中間からウォーキングマシンで歩く練習を始めています。馴致の第一段階では、サイドレーンでハミと胴締めをつないでウォーキングマシンで歩かせながら馬具の装着に慣れさせていきます。主任は「父の仔らしく馬房内で落ち着きのなさを見せています」と話していました。(9月14日現在の近況)
●真歌トレーニングパーク
(9/18ラフィアンターフマンクラブHPより転載)

この時期ですから、健やかに育ってくれていれば問題はありません。
6月18日の計測で383kgだった馬体重は、9月1日では398kgと微増(汗)
ひょっとしたら、と楽しみにしていましたが、体型は価格どおりかな。
スポンサーサイト

| ピノブランの14 | 22:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

黄金旅程の子

ラフィアンで出資している馬は、ハーベストソングだけとなっています。
そのハーベストソングも好走しているものの、残念ながら今だ未勝利。
このままでは出資馬がいなくなり、行く行くは退会することになります。

ソルシエールとノンノの仔に出資するためにも退会はできません。
(鉾田ツアーも毎年参加を楽しみにしていますし…)
そのため、今年は末永くお付き合いできる馬に、ぜひとも出資したい!

そんな馬にめぐり合い、無事に出資することができました。
無事に、とは申込口数が100口を超え(122口)、抽選となったからです。
2015年度の最初(最後?)の出資馬は“No.36ピノブランの14”に決定!

◎36.ピノブランの14  鹿毛 2014年2月25日生

ピノブランの14(募集時)

◇馬体重:383kg ◇体高:150㎝

京成杯とセントライト記念を制したフェイトフルウォーとは極めて近い血統構成です。トモのたくましさと柔軟性が本馬の特徴。速い脚も使えそうで楽しみです。

とにかく価格だけが魅力にも思えますが、馬の出来もいいと思います。
カタログにもあるとおり、身体は丸みがあり、柔らかみを感じました。
身体はコンパクトですが、おそらくデビュー時までコンパクトなままかと。
この辺りはステイゴールド産駒、ということで目を瞑らせて頂きます。

重賞勝ち馬のフェイトフルウォーと極めて近い血統構成も魅力の一つ。
母は元愛馬リエートフィーネと対戦し、終始先頭のまま優勝しています。
(そのレースでリエートフィーネは4着に敗れました…)
ステイゴールドとクロフネの配合は勝ち上がり率が高いのもポイント。
早い段階で1勝することができたら、先々も楽しめる血統だと思います。

ファンだった「黄金旅程」の産駒に出資することができてうれしいです。

| ピノブランの14 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。