馬のなる記

お馬好きの巻きな日々を綴った日記

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

愛さずにいられない馬になれ!

ウインで出資した馬は、恥ずかしながらウインフェルベール1頭(汗)
ウインフェルベールは8月14日に未勝利戦を勝利してくれました。

しかし気性が難しいため、今後の競走に不安を抱えています。
レース内容によっては、引退の憂き目にあう可能性もあります。

現在、4クラブに入会しているので、1クラブ1頭の出資が理想で、
できれば末永くお付き合いできる馬に出資したいのが本音です。
今年はそんな気持ちに応えてくれそうな馬に出会えました。

36.フリーヴァケイションの15  2015年3月14日生

フリーヴァケイションの15(募集時)

◇馬体重:392kg ◇体高:155.0㎝

2次募集馬は、スクリーンヒーロー産駒のガッツマンテンの15が
極端に人気を集め、他の馬はまだまだ残口がある状況でした。

フリーヴァケイションの15は父の産駒らしいコンパクトな馬体。
募集時のDVDでは物見をして、頭の高い歩きを見せていました。
でもバネがありそうで、これからの成長がとても楽しみな馬です。

血統面でも魅力があり、ノーザンテースト≒Far North 4×3 で、
Far North は ゴールドシップが持つ The Minstrel の全兄です。
また Far North の祖母 Flaming Page は Nijinsky の母なので、
ステイゴールドとの相性の良さが期待できます。
(盟友であり親友の左一白さんからいただいた本を激しく参考)

半姉のウインリバティのように、元気な活躍を期待しています。
父のように「愛さずにいられない」、そんな馬になってほしいな。
スポンサーサイト

| その他 | 22:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

さくらの花の咲くころに

リラヴァティの引退が報告されてから2日後の9月16日(金)
キャロットクラブの第1次募集における出資申込結果が報告されました。

15.ヴィートマルシェの15 2口 一括 ×    
17.ペルレンケッテの15 2口 一括 ×    
47.ブルーメンブラットの15 2口 一括 ○

前年最優先落選(×1)で臨んだドラフトでしたが、またもや落選の憂き目に。
本当にここ数年のキャロットクラブの出資申込数は“すごい!”の一言です。

ただ、「申し込んだ3頭のうち、1頭に出資できれば」と思っていましたので、
ブルーメンブラッドの15と縁があったことを本当にうれしく思います。

そんな訳で2016年度の出資馬は“No.47ブルーメンブラットの15”に決定!

◎47.ブルーメンブラットの15  鹿毛 2015年3月26日生
ブルーメンブラットの15(募集時)
◇体高:152.0㎝ ◇胸囲:175.5㎝ ◇管囲:19.5㎝ ◇体重:444㎏

母はマイルCSの他、府中牝馬Sの優勝を含む8勝を挙げた制した名牝です。
その輝かしい競走成績と比べて、産駒成績が著しく期待に反するとの声も。
しかし、デビューした4頭中3頭が勝ち上がっているのは立派だと思います。

15年産はキングカメハメハが父で、父に似て大きなトモをしています。
(ちなみにキングカメハメハ産駒への出資は、この馬がはじめてです)
気性にやや難しさのあるようですが、これからの成長に期待しています。

母譲りの鋭い末脚を武器に、桜の舞台に駒を進めてほしいと願っています!

| 愛馬 | 11:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

しっかりとした動きになってきた

◇ボーシエル

来週11月28日(土)東京・新馬(芝1,600m)戦に蛯名騎手で出走・デビュー予定を予定しています。きのう18日(水)は調教助手が跨り、ウッドチップコースで目一杯に追って67.8-52.5-38.5-13.4秒の時計をマークしました。同厩舎で2着→2着ときている、2歳未勝利馬を相手に最後までしっかりと食らい付いていました。乗り込みを進めることでしっかりとした動きになってきており、もうひと絞りして欲しいのが本音ですが、このひと追いで変わってきそうな感触はあります。来週の調教で蛯名騎手に跨ってもらう予定になっています。
●美浦TC
(11/19社台サラブレッドクラブHPより転載)

調教
11/18 助手 美南 W 重 67.8 52.5 38.5 13.4 5 馬ナリ余力
◎ディーマジェスティ(二未勝)馬ナリの内を0.4秒追走同入

今週も順調に調教を消化することができています。
厩舎期待のディープインパクト産駒に、しっかりと併せることができました。
近況では「目一杯」ですが、競馬ブックは「馬ナリ」での計時としています。

しっかりと乗り込んで頂いたおかげで、動きも良くなってきたようです。
調教に騎乗後の蛯名騎手から、どのようなジャッジを頂けるか楽しみです!

| ボーシエル | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

愛馬のレース結果

◇リラヴァティ

11月15日 5回京都4日11R 晴・稍
第40回 エリザベス女王杯(G1)
サラ3歳以上オープン(芝)右外2,200mBコース 18頭 18番人気 9着

2.15.3 前3F 36.8 後3F 35.9 458kg (±0)

2 角 11-4=3(6.9)17(5.7)(2.12.14)8(10.18)-(1.15)-16.13
向正面 11-4=(3.5)(6.9)(7.17)12(2.10)14.8(13.18)1.15.16
3 角 11=4=5.3.9(6.7.12)(10.17.14)(2.8)18(1.15)13.16
4 角 11-4.5.3.9(6.7.12)(10.17)14(2.8.18)1(13.16.15)

15日の京都競馬ではまずまずのスタートから行き脚をつけて前へ。離して飛ばす逃げ馬の2番手につけ、直線はいったん先頭をうかがうも、最後は踏ん張り切れず9着。最後はやや一杯になりましたが、直線半ばまで見せ場十分でしたし、勝ち馬と0秒4差は立派と言っていいのではないでしょうか。この馬の競馬ができればしぶといことは改めて示せましたし、次走の巻き返しに期待したいと思います。
(11/15キャロットクラブHPより転載)

◎秋山騎手のコメント
「中間、ゲートの確認をしてもらっていたこともあって、今日はうまくスタートを決めてくれました。思ったより落ち着いていたのも良かったです。荒れた馬場は多少気にしていましたが、これはみんな同じ条件ですし、よく踏ん張っていたと思います。最後は厳しくなったけど、着順ほど負けていませんし、このぐらいの距離も良さそうです」

◎石坂調教師のコメント
「今日はこの馬の競馬はできたと思います。しっかり出して行ってもかからなかったし、うまく先行して進められました。直線も、完全に飲み込まれたと思ったところからしぶとかったし、着順ほど負けていません。格上挑戦でしたが、堂々としたレースぶりだったと思います」

| リラヴァティ | 08:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スリランカの女王の戴冠式が見たい!

◇リラヴァティ

11日は栗東坂路で追い切りました(53秒2-39秒1-25秒7-13秒0)。「無事出走できそうな見込みで、鞍上は秋山にお願いしました。今朝さっそく追い切りに乗ってもらっています。坂路で併せて、最後はほぼ並んでゴールといい追い切りができたと思います。馬の状態に関してはとてもいいし、時間をかけて調整してきて馬体もだいぶ締まっています。ここ2走は行き脚がつかず前で運べなかったこともあってこの馬の競馬ができなかったけれど、リズムよく前に行ければ粘りは違うはずです」(石坂師)「今朝追い切りに乗せていただきました。すごく乗りやすくておとなしい馬。いい感触をつかむことができました。このところすんなり行き脚がついていないようですが、本来は前々でしぶとさを活かすタイプですよね。正直、ゲートを出てくれるかどうかは運も必要かもしれませんが、この舞台に立てることからしても運があるし、なんとかいい競馬ができるようにがんばります」(秋山騎手)15日の京都競馬(エリザベス女王杯・牝馬限定・芝2,200m)に秋山騎手で出走を予定しています。
●栗東TC
(11/11キャロットクラブHPより転載)

15日の京都競馬(エリザベス女王杯・牝馬限定・芝2,200m)に秋山騎手で出走いたします。
●栗東TC
(11/12キャロットクラブHPより転載)

調教
11/11 秋山 栗東 坂 重 53.2 39.1 25.7 13.0 末強目追う
◎クリーブラット(古500万)一杯を0.1秒追走同入

今週の追い切りも無事に消化することができました。
相変わらず派手さのない動きですが、重馬場でもしっかりとした動きでした。

さて、出走決定順で19番目だったエリザベス女王杯の出走が決定しました!
一口馬主歴はもうすぐ20年ですが、初めて愛馬が古馬GⅠに出走します。
リラヴァティにはただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

正直な話、GⅠでの舞台は彼女にとって荷が重いと思います。
おそらくレース中に優勝争いを演じることなどないでしょう。
でも、女王を決める舞台に出走するだけでも素晴らしいことだと思います。

彼女にしか咲かせることができない花を、淀のターフで咲かせてほしい。
結果はともかく、彼女の持っている力をすべて出し切ってほしい。
出資者のひとりとして、願うのはそのことだけです。

週末は生憎と天気が崩れそうで、レース中のアクシデントだけが心配です。
志半ばでターフを去ったアダムスブリッジの分まで、しっかり走っておいで!
いつもありがとう。そして、がんばれ!リラヴァティ!

| リラヴァティ | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。